おらおらでひとりいぐも

63歳の新人作家、若竹千佐子さん。
55歳のときから小説講座に通い始め、8年の時を経て執筆したのが本作。

おらおらでひとりいぐも


おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

第54回文芸賞受賞
第158回芥川賞受賞

まさしくアラフィフ女性の希望の星ですね!
岩手県出身ということで宮城県に住んでいたこともある自分には
なんだか親近感が湧いてきます。

新たな「老い」をどう生きるか

というのがテーマのようです。興味津々・・
今度本屋でちらっと覗いてみよう!(*^.^*)